白くて丈夫な歯を維持しよう

歯並びをよくする

笑顔の女性

ワイヤーで固定する

写真を撮影する際に、印象をよくするために笑顔を作ることが勧められています。口角を上げるだけで笑顔になれますが、さらに口元から歯が見えるようにすると誰が見ても笑顔と分かる表情が作れます。
噛み合わせのバランスがよいと歯並びもよく、口を開いても整っているので好印象が感じられます。反対に、歯並びが悪いと印象が下がってしまう傾向もあるので歯列矯正を行うことが必要です。
歯並びが悪いと食べ物を噛み砕きにくかったり、顎に力がかかりにくかったりします。歯科クリニックでは、虫歯治療のほかに矯正を専門的に行っているところがあるので利用するとよいでしょう。
矯正歯科を専門とするクリニックでは、歯の向きがバラバラな歯列や、隙間が広い歯の修正をワイヤーを使って行います。
ワイヤーは歯の一本一本に取り付け、ワイヤーで固定します。矯正歯科は1日だけでは施術が完了しません。年数を必要とする施術なので、幼少期からワイヤーを取り付ける必要があります。
歯列が乱れすぎていると、ヘッドギアを装着する必要もあるため、歯科クリニックで検査を受けたのちに歯科医師と相談します。
外国では歯列矯正は当たり前のように行われているため、将来自分に自信が持てるように子どもの方から積極的に実践しようとするケースもあります。

マウスピース

ワイヤーは歯の裏面や表面に取り付けますが、マウスピースでも矯正を行うことが可能です。
歯科クリニックで歯型をとり、透明なマウスピースを型にそって製作してくれます。
マウスピースは取り外しが可能なうえ、透明なので目立つことはありません。食事を取る際には取り外せるため、咀嚼の邪魔にも感じないのでおすすめです。