白くて丈夫な歯を維持しよう

インプラント手術

歯の治療

歯が抜けてしまったときや、抜歯をしなければいけない状態だった場合はその場所だけ歯がないので不自然に感じてしまいます。抜けた部分が目立つところにあれば、口を開いただけでおかしく感じてしまうこともあります。
歯が抜ける原因として上げられるのは歯周病です。歯磨きが行き届いていないと、汚れが付着したまま細菌が増えてしまいます。寝る前の歯磨きや、起床したあとの歯磨きが細菌の増殖や歯の生え際に入り込むことを防いでくれます。
歯周病が悪化すると、歯の根元まで細菌が入り込んで歯がグラつきます。歯科治療を行わないと、悪化して歯が抜けてしまうので注意が必要です。
歯がまるまる1本抜けてしまった場合でも、牛乳に浸けながら歯科クリニックを受診すると元に戻せる可能性があります。ただし、30分間に受診が必要なので急ぐ必要があります。
30分間を過ぎてしまった場合は、日程を改めてインプラント施術を歯科で受けるとよいでしょう。
インプラント施術は、歯の下にある骨にボルトを埋め込み、その上から制作してもらった歯を被せます。差し歯や義歯と違って、インプラントは頑丈なので本物の噛み心地と似た感覚が蘇ります。

歯科クリニックでインプラントを受ける場合、虫歯治療や歯磨き指導のようにすぐ受けられるわけではありません。
専門医に診察してもらい、健康状態にも問題がなければ日程を決めて手術が行われます。口内環境だけではなく、骨が丈夫なのか、他に持病がないかどうか徹底的に調べ上げます。
骨粗しょう症や肝炎などの病気を患っている人は、インプラント施術が受けられない可能性があるので、心当たりがあれば事前に歯科医に申告することが大切です。